カメラオブスクラ


一眼レフカメラの特徴は、カメラ内部に鏡が設置されていて、
レンズを通して像がその鏡に写し出され、シャッターボタンを押すと同時に、
その鏡が跳ね上がり、鏡の後ろ側に位置するフィルム面に感光して、
そのフィルムを現像することにより、像を得るという仕組み(のはず)です。
大まかにまとめるとこういうことだと思うのですが、上の写真はまるで
一眼レフカメラの内部を思わせるなぁと思い、知ったかぶりを披露してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です