#737 疑似写るんです


canon EOS-1Ds mark3 / SMC Takumar 55mm / ISO1600 / 2017JUL

甥っ子君に写るんですをプレゼントしたら、思いのほか喜んでパシャパシャしてくれました。

その姿を見ていたら、僕も写るんですが欲しくなりまして、手持ちのカメラを疑似写るんですにしてみようと思い立ちました。

ネットであれこれ検索すると、写るんですのおおよそのスペックは、ISO400のネガフィルムに、広角32mm前後の絞り値10のプラスチック製レンズ、1/160秒オンリーのシャッター、ピントは1mから無限遠というもの。

この設定を普段使っている一眼レフカメラにフィードバックして、絞りを8に固定、レンズのピントリングは3~5mの任意に固定、シャッタースピードは1/125秒に固定、レンズは50mmや55mmの標準に。

試し撮りは室内でISO1600にして、絞りを8と絞り込んでいるのでピントや被写界深度はあまり気にしなくていいので、ノーファインダーで撮ってみました。

何の気なしに近くのテレビ画面にレンズを向けて撮ったら、なんだかすごく良いカットが撮れてしまいました。

ピント、露出、構図を気にせず、さくさくと撮影できる写るんですって楽しいですね。その後、手持ちのフィルムカメラ2台を疑似写るんです設定にして近所をぶらぶら撮影しに行ったのは言うまでもないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です