猫町


僕が今住んでいる町、半径100m以内の周辺のネコの多いこと!
歩けば棒にあたるじゃないですけど、まさに、歩けばネコに出会う状態。
加えて、毎晩、うちのベランダの電気給湯器の天板で暖を取っているネコが数匹。
寒いですからね、秋冬は黙って見逃しましょう。僕も寒さには滅法弱いですし。

試行錯誤


某ヤフオクで入手した約50年前に作られたカメラ。
フィルムカウンターが不動ということに気づき、でも、素人の自分に
直せるはずもなく悶々としていたのですが、ネットで色々と情報収集。
ある晩、お酒を飲んだ勢いで「よしっ!」と思い立ち分解してみることに。
そうしたら、傷はつけるはバネは折るはゼンマイが飛び出るは・・・
やはり素人の自分には手が負えず、丁寧に作られたカメラに
申し訳なくて申し訳なくて。壊してしまった後悔で数日ブルーでした。
泣くにも泣けず、この大失敗はもうなかったことだと
自分を説得して、2週間ほど押入れに仕舞いこんでいたのです。
ですが、昨晩、もしかしたら今なら直せるかもと直感がして、夜な夜な
作業していたら、おお!巻き上げと同時にフィルムカウンターが動く!
もう、わぁ~ですよ(涙)。直感の通り、なんとか修理できたのです。
あの晩、壊してしまったショックで構造や仕組みを冷静に観察することが
出来ていなかっただけで、仮説を立てて実践、トライ&エラーを
ゆっくりと時間をかけて繰り返すことで仕組みを理解することができたのです。
とは言っても、なんとか元あった状態に戻せただけなので、
今度機会を見て専門家の方にオーバーホールしてもらおうと思います。
とにもかくにもカメラさん、ごめんなさい。

学生


先週末、鹿児島市立図書館のリサイクルブックフェアという催し物へ行ってきました。
以前からその存在は知っていたのですが、今年初めて足を運んでみました。
貸し出しが減ってしまった書籍を無償で配布、というとても有難い催し物なんですが、
場内を30分ほど物色した結果、好きな児童作家の児童書、東京の友人が書いた書籍、
見たことないけど見たいと思っていた映画の原作本など、そして、極めつけは
31年前に発行された「カメラマンになるには」という僕にとってはタイムリーな一冊!
改めて、学ぶって面白いですね。

耐寒


原付移動に限らず、外出時は寒くて仕方がないのですが、
カメラを提げていると不思議と寒さを感じない気がします。
寒いのは寒いのですが、いつ何時シャッターチャンスがあるか分からない状況は
少しだけ心に緊張感を生み、それがちょっとだけ体温上昇につながっている、のかも。

また逃す


カメラを持たないで外出した時に限って、空に虹がかかったり、夕暮れの町並みが
きれいに見えたり、飛行機が低空飛行していたり。
カメラを持って外出すると、これぞと言う被写体に出会わず、シャッターを押さずして
帰宅したり。全く以ってついてないですね。

真夜中の運転手たち


闇の中だって走るよ、歩くよ、進むよ。
本日未明、高台へ短時間だけ写真撮影しに行った帰り、信号停止で
横に停止していた軽自動車の運転手の男性(40代くらい)が、原付カメラマンの僕に
「お~い、デジタル?」と尋ねてこられたので、まさか話しかけられるとは思わず、
辛うじて「フィルムです」と答えると、「いいじゃない」と嬉しそうに返答。
信号が青になり、僕は軽く会釈して右折、軽自動車は直進。
とっさのことだったのでそっけない返答になってしまったけれど、
もっとカメラ談義しても良かったかなと思ったり。
というか、その男性、真っ暗なのによく僕がカメラを提げてると気がつきましたね。
きっと若い頃、カメラされてたんでしょうね。

給油所


先日、シャッターチャンスを逃した朝焼けに再挑戦。
雨が降った後だったので、先日のそれとはまた違った雰囲気の朝焼けでした。
内蔵露出計は暗すぎて反応しなかったので、勘で撮りました。
果たして思うような絵が写っているでしょうか。楽しみです。